FC2ブログ

モーリス(天皇賞馬)

以下は、スポニチからの転載。

【天皇賞・秋】1番人気モーリスが快勝!通算5度目のG1制覇

第154回天皇賞・秋」(G1、芝・2000メートル・曇・良)は30日、東京競馬場11Rで行われ、ムーア騎手騎乗の1番人気、モーリス(牡5=堀厩舎、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス)が直線で伸ばして快勝。勝ちタイムは1分59秒3。


天皇賞レースは、下をコピーして観ることができます。
http://www.jra.go.jp/JRADB/accessS.html


****************************************


今回の天皇賞は久しぶりに馬券を買ってみた。
馬連 ④-⑧
複勝 ④

本命 ⑧モーリス
対抗 ④サトノクラウン

と波動から予測したからである。

結果は、対抗が全く外れ、掛け金はパーに。
いつものことながら、がっくり。
やはり、いくら運気がよくとも、実力がない厳しいのだ。
2着に入ったリアルスティールのグラフを後でチェックしたら、運気の不調期から好運期へ10月末にかけて急騰していた。

負け惜しみをいうようだが、波動分析上では技術的な改善が2つも見つかったという実り多いレースでもあった。

さて、下のグラフは優勝したモーリスの行動波動。丸印は、
・2016年5月1日  Cカップ  1着
・2016年6月5日  安田記念 2着
・2016年8月21日  札幌記念 2着
・2016年10月30日 天皇賞   1着
Maurice(行動)_01.
スポンサーサイト



サトノダイヤモンド

以下は、スポニチからの転載。

【菊花賞】1番人気、サトノダイヤモンドが圧勝!悲願のG1初制覇

「第77回菊花賞」(G1、芝・3000メートル・曇・良)は23日、京都競馬場11Rで行われ、ルメール騎手騎乗の1番人気、サトノダイヤモンド(牡3=池江厩舎、父ディープインパクト、母マルペンサ)が直線で突き抜けてG1初制覇。勝ちタイムは3分3秒3。

レース序盤はミライヘノツバサとサトノエトワールが先行。サトノダイヤモンドは中団、ディーマジェスティは中団よりやや後ろに付けた。

サトノダイヤモンドは徐々に位置を上げて先団へ。3、4コーナー中間にさしかかるとディーマジェスティがサトノダイヤモンドに並び、人気2頭が好位置に付けて最後の直線を迎えた。

直線の半ばに入り、ついにサトノダイヤモンドが先頭に。追いすがるディーマジェスティ、レインボーラインを突き放して1着でゴールした。

2馬身1/2差の2着には9番人気のレインボーライン。そこから鼻差の3着に6番人気のエアスピネルが入った。皐月賞に続くG1制覇が期待されたディーマジェスティは4着だった。

4月の皐月賞では3着、5月のダービーでは2着と、これまであと一歩のところでG1タイトルに届いてかなかったサトノダイヤモンド。悲願のG1制覇となった。全戦績は7戦5勝。重賞は3勝。


***********************************


本メモはお遊びである競馬予想の当方の単なる記録なので、スルーした方が良いかも。

何せこの件では、10年以上も試行錯誤を続けており、一向に予測手段が確立されないのだから、笑うしかないのである。

勝ち馬になるには、「実力」プラス「運気」が必要と考えているが、「実力予測」は勿論ながら「運気予測」もなかなか実証検証がうまくいかない。

従って、意地になっている状態なのだ。


とはいえ、そこそこのグラフができたので、メモとして残すことにした。

下のグラフは「サトノダイヤモンド」の英字での行動1年グラフ。
丸で囲った時期が、下にあるような成績。

2016/10/23  菊花賞(G1)     1位
2016/09/25  神戸新聞杯(G2)  1位
2016/05/29  東京優駿(G1)    2位
2016/04/17  皐月賞(G1)     3位
2016/02/07  きさらぎ賞(G3)    1位

これから予想されることは、次走は期待できないということ。

繰り返すが、真には受けないこと。火傷するよ!

Satono Diamond(行動)_01.

平尾誠二

以下は、スポニチからの転載。

神戸製鋼は20日、ラグビー日本代表で主将、監督を務めた平尾誠二(ひらお・せいじ)氏が同日午前に死去したことを公式サイトで発表した。

「神戸製鋼コベルコスティーラーズGM 平尾誠二は、予て病気療養中のところ、本日午前、逝去致しました。享年53歳。ここに心から哀悼の意を表すとともに謹んでお知らせ申し上げます」とし、病名は明かさなかった。

平尾氏は1963年、京都市生まれ。81年、京都・伏見工高(当時)で全国高校選手権大会を初制覇。山口良治監督の下で成し遂げた快挙はテレビドラマ「スクールウォーズ」(TBS)のモデルとなった。同志社大においてはSO、CTBとして史上初の大学選手権3連覇に貢献。86年の神戸製鋼に入社後は日本選手権7連覇の偉業を達成した。

大学時代に日本代表に選出されると1987年の第1回大会からワールドカップ(W杯)に3大会連続出場。91年の第2回大会は、主将として日本をW杯初勝利へと導いた。98年の引退後は神戸製鋼で総監督、ゼネラルマネジャーを務めたほか、97年~2000年まで監督として日本代表を率いた。

端正なルックスと華麗なプレー、抜群のキャプテンシーで「ミスター・ラグビー」として人気に。日本開催の19年W杯へ向け、昨年5月には大会組織委員会の事務総長特別補佐に就任していた。

********************************

今の若者は知らないだろうが、男の当方から見ても、彼はものすごくカッコ良かった。

53歳という年齢は、当方も病に倒れ入院した時期。何となく人生の転機を感じ始める時期である。

著名人が亡くなると、健康運と病気運を調べる癖がついてしまった。
彼の場合はどうだったのか?以下簡単に思うところを記す。
平尾誠二(健康)_01.ブログ用
・上の波動グラフは、健康運の他力保護線。この時期に深く危機ライン割れしていることがわかる。
・数ある波動の中で危機ライン割れしているのはこの線だけ。
・間違っているかもしれないが、彼の場合は広い意味での「医療過誤」ではないかと思える。
・ただ、健康自力運が2年後には危機ライン割れするので、時間の問題だったことは確かだが、、、。

尚、姓名分析をすると、「平尾誠二」という名前の最大の特徴は、「名声結集運」があること。
この「名声結集運」は、時折見かける行動結集運や頭脳結集運などと比較しても極めて珍しい結集運で、これまでも、将棋の羽生三冠、女子ゴルフの宮里藍選手や任天堂の岩田社長など数えるほどしか見られない。
ご活躍はむべなるかな、だったわけだ。

心からご冥福をお祈り申し上げます

FIFAの頂点に立ったインファンティーノ氏

以下は、AFPからの転載。

<新会長はインテリスタ、FIFAの頂点に立ったインファンティーノ氏>

スイスとイタリアの国籍を持ち、セリエAのインテル(Inter Milan)のサポーターでもあるジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)氏は、これまで欧州サッカー連盟(UEFA)の事務局長を務め、ミシェル・プラティニ(Michel Platini)氏の陰に隠れた存在だった。しかし、国際サッカー連盟(FIFA)の新会長に就任したことにより、サッカー界で大きな権力を握ることになった。

FIFA新会長にインファンティーノ氏、AFC会長ら抑え初当選

スキンヘッドでイタリア系スイス人弁護士のインファンティーノ氏は、スイス・チューリヒ(Zurich)で26日に実施されたFIFA会長選で、活動禁止処分により出馬断念を余儀なくされたプラティニ氏が虎視眈々(たんたん)と狙っていた会長の座を射止めた。

45歳のインファンティーノ氏は、スイス・ヌーシャテル大学(University of Neuchatel)のスポーツ研究国際センターで事務局長を務めたあと、2000年に加わったUEFAでは法務部門と商業部門に所属。UEFAのプロフィルによると、各クラブをはじめ、欧州連合(EU)や各国政府との折衝も担当していたとされている。

そして2009年にUEFA事務局長に就任すると、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)の組み合わせ抽選会でくじのボールを引く人物として、サッカー界では広くその名を知られていた。

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語の5か国語を操るインファンティーノ氏は、仕事の虫として知られ、舞台裏ではUEFAの資金力の拡大において重要な役割を果たすと、チャンピオンズリーグ制覇を目指すビッグクラブやオーナー陣から信頼を勝ち取り、陰の大物として一目置かれていた。

インファンティーノ氏はまた、収入を上回る支出を禁じて赤字経営のクラブを取り締まる財務規定、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の導入にも一役買った。

インファンティーノ氏の出世は、ジョセフ・ゼップ・ブラッター(Joseph Sepp Blatter)FIFA前会長と一緒に処分されたプラティニ氏の失脚なくしてはあり得なかった。プラティニ氏は現在、2011年に200万スイスフラン(約2億3500万円)を超える報酬が不当に支払われたとして、FIFAから6年間の活動禁止処分を科せられている。

インファンティーノ氏は、当選後のスピーチで「われわれはFIFAへのイメージと尊敬を回復する。世界中の誰もがわれわれを賞賛してくれるような組織にしたい」と語った。「サッカーが再び舞台の中心に据えられ、そしてFIFAの新時代を再構築するためにも、皆さんと一緒に働いていきたい」

インファンティーノ氏は、W杯出場国を現行の32か国から40か国に拡大することを提案し、新たな開催国を2、3か国増やすことを検討すべきだと主張。すべてのFIFA加盟国に対して4年ごとに500万ドル(約5億7000万円)、6大陸の連盟には4000万ドル(約46億円)を拠出する意向を示しており、プラティニ氏の側近の一人は、「彼は経営者として指名されたが、政治がどういうものかも熟知している」と語っている。

********************************

今回は、FIFA新会長に選出された元欧州サッカー連盟(UEFA)の事務局長であるジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)氏の人気運から、今後のFIFAを予測してみます。
Infantino(愛情)_01.ブログ用
上のグラフは、2006年~2025年まで20年間のジャンニ・インファンティーノ新会長の人気運を表す波動。

・2009年に欧州サッカー連盟(UEFA)の事務局長に選出されてから急上昇し、2011年にピークをつけた。
・その後は、汚職疑惑の吹き荒れたFIFAの影響で人気運は落ち込んだが、今回の選挙に合わせた形で小天井を付けているのが現状である。
・肝心の今後ですが、2017年末に向けてこの人気運が危機ライン割れまで急落している。
・これは、今後の新改革路線が大紛糾することを示唆していると考えるのが普通でしょう。
・ただ2018年以降は、順調に長期上昇トレンド入りをする。

新会長に選出されたものの、前途は風雲急を告げているようです。

手倉森 誠

以下は、ZAKZAKからの転載。

<歴史的敗北に韓国メディア騒然 「日本は優勝自販機」揶揄も返り討ちでネット自虐>

歴史的敗北に韓国が騒然としている。リオデジャネイロ五輪を目指すサッカー最終予選兼U-23アジア選手権(カタール・ドーハ)決勝で、日本代表に2-3の大逆転負けを喫した韓国代表。大一番をものにできなかったチームの戦いぶりを現地メディアが「ドーハの衝撃」と報じるなど動揺が広がっているのだ。

「アジア王者になってリオ(五輪)に行く目標を達成できた」

優勝トロフィーを手に凱旋(がいせん)した日本代表の手倉森誠監督は1月31日、羽田空港でこう胸を張った。

2点差をつけられる不利な状況から、後半矢継ぎ早に3点を奪って逆転勝ちを収めた「手倉森ジャパン」。日本中が劇的勝利の余韻に浸る一方、敗れた韓国は敗戦のショックを隠しきれない様子だ。

韓国通信社の聯合ニュースは、「『ドーハの逆転』に茫然自失」と報じ、ニュースサイトのマイデイリーは「ドーハショック」と伝え、「ドーハの衝撃」とするメディアもあった。

これまで韓国サッカー界では決勝戦の舞台となったドーハは「縁起のいい場所」と認知されてきた。1993年10月、同所で行われたW杯米国大会アジア最終予選で、日本がイラク戦で後半終了間際に同点ゴールを許したことから劇的に本大会出場を決めた経緯がある。

朝鮮日報は、試合前の1月30日に電子版で、イラク戦のエピソードを紹介。「ジャパン」の読みが韓国語の「自販」と同じ表記・発音になることにちなんで、「日本は韓国の優勝自販機」などと報じていた。これとは真逆の事態に陥ったことで、韓国のネット掲示板には「自販機にコインを食われた」「恥辱的」などと自虐気味なコメントが躍った。

****************************

劇的な勝ち方をした「U-23アジア選手権」でしたが、この夏行われるリオ・オリンピックはどうでしょうか?
今回は、日本代表の手倉森誠監督の姓名波動から、オリンピックでの男子サッカーの活躍を予測してみましょう。
手倉森誠(行動)_01.ブログ用
・2012年の行動運気のピークの年は、ベガルタ仙台で2012年シーズン(J1)は前年を上回る2位の成績を収め、チーム初のACL出場権獲得を果たした。
・丁度リオ・オリンピックが開催される2016年夏にピークを迎えている。彼は監督でプレーする選手ではありませんが、男子サッカーはかなり期待してよいように思えます。
・もっと運気が高いのは、東京オリンピックが開催される2020年夏です。再びオリンピック監督に選出され、大活躍しそうな感じの運気です。
最新記事
検索フォーム
QRコード
QR